吸血姫夕維13

KB-033

 【 KB-033 】 B5/36P

覚醒した夕姫の精神と、それぞれの次元で対する夕維と那蒐。
那蒐が選ぶ決断、夕維が告げる一番大切にしたい事とは・・・。

<委託情報>平野屋本舗イベント新刊

「平野屋本舗」のイベント新刊は、以下の店舗で委託販売をしています。

●ブックファースト コミックランド梅田店様
大阪府大阪市北区堂山町梅田地下街3-2 (06-6360-3355)

・大阪方面のイベントで購入できなかった方は、是非ご利用ください。
・委託販売の価格には店舗利益が加算されています。
・販売時期や店頭価格はお店にお問い合わせください。

吸血姫夕維12

KB-032

 【 KB-032 】 B5/36P

早良と共に早姫の血が夕姫と一つになり
夕姫から分かたれた躬行に那嵬は人としての命の全うを願う。

那嵬と夕維の涙、千珠と碧の想いが交錯するなか、
鮮赤の池は揺れ夕姫の真の覚醒めの時が近づく―――

吸血姫夕維11

KB-031

KB-031 】 B5/36P

人間世界で宮園に拾われた真乃。
それは二人が夕維に出会ったように、池と血が導く運命の流れなのか。

一方鮮赤の池の空間で、夕維は早良の意識と出会っていた。
『ごめんね。一人ぼっちにして—–』
落ちる涙は誰の物だったのか…?

吸血姫夕維10

KB-029

KB-029 】 B5/36P

近づく夕姫の覚醒め、揺れる鮮赤の池の世界で対峙する
千珠と碧夕姫の心に触れた夕維が聞いた彼女の言葉とは?
一方現実世界では新しい不思議な縁の波紋が作られようとしていた…。

吸血姫夕維9

KB-028

KB-028 】 B5/36P

夢か現か、水の都の水底深く夕維は遠い昔の記憶を見る―…
霧の中、ある父息子が小さな赤ん坊を拾ったことから始まった―…

吸血姫夕維6

KB-025

KB-025 】 B5/36P

交錯する夕維と那嵬の次元。
夕維はついに鮮赤の池へとたどり着く。
その先で見たものは…?
一方那嵬は竹林の中である人物達に出会う。